スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転院

脳梗塞で倒れた父が病院に入院して1ヶ月後に

先生から、今後は人工透析と麻痺した左手足のリハビリを続けるよう、

転院先を探しましょうという話があってからもうすぐ1ヶ月を迎える

5月28日に、転院先のベットが空いたと話がきて

翌日の夕方、その病院へ見学に行ってきた。

今より病室も狭くて、施設やスタッフの充実度も同じものは望めないが、

自宅療養が出来ないことを考えれば、贅沢は言っていられない。


転院を父に話して了解を得て・・・

6月2日、転院することになりました。

前日、父は床屋に行きたいなどと、わがままを言っていたらしい。

その日の朝、父は朝食を食べ、看護士さんにひげを剃ってもらって、

介護タクシーの車椅子に座り、同じ病室の方や看護士さんに右手をあげて挨拶して

10時に転院先の病院へ向かいました。


病院には40分ほどで到着。

外来診察と検査を経て、病室へ移動し、昼食を食べてどうやら落ち着いた様子。

その間に私と母は入院手続きを終えて、

検査から病室に父が戻っていることすら、伝えられずに待合室でまちぼうけ。

病院のスタッフの対応に先行きの不安を感じますが・・・

とりあえず

私達は父の様子を見守っていくしかないからなぁ。

今夜、ちゃんと寝られてるかな。













関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haru2010

Author:haru2010
2004年に普通自動二輪、2006年に大型自動二輪を取得した50代のおばちゃんライダーです。柴犬ゆめとダーリンとの平凡な日々を記録しています。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。