スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会

7月28日。今日は午前中にマンションの総会に出席。

午後から父の入院している病院へ向かう。

今日はゆめも一緒だ。

1年と3ヶ月ぶりに父は、ゆめと再会する。

果たしてゆめは覚えているだろうか。


病院の外で待つこと、10分。

父が車椅子に乗って出てきた。

しかし・・・

ゆめは父の姿をみてもあまり反応しない。

ゆめも12才という高齢になって、父の匂いを忘れてしまったのだろうか。

それでもどことなく何かが気になる様子ではあるのだけれど・・・。

父が小さな声で「ゆめ」と名を呼んだ。

すると、ハッとしたようにゆめは父を見ている。

聞き取りにくいぐらい小さな声で、父はまた名前を呼んだ。

そのたびに耳をそばだてて、顔を見て、差し出した手を舐めたり、足を舐めたりした。

果たして、ゆめは父だと分かったのか、分からなかったのか?



父の方は、車椅子で病院の外に出たのは1年ぶりかもしれない。

良い気分転換になったと思う。

ゆめの引き紐をつかんで、「足が動けば散歩してやれるのになぁ」と呟いていた。

父は、ゆめと散歩するのが日課だったのだ。



父の見舞いにきた叔母(父の妹)に父が「俺は脳梗塞になったと知った時、頭ぶつけて死のうと思ったよ」と言っていたらしい。

それだけショックで、悲嘆に呉れていたのだ。

ちゃんと食べて、リハビリ頑張って、家にも一時帰宅して、ゆめと散歩出来るようになろうね、と私は励ました。

父は黙って頷いた。

そんな気にさせたのは、ゆめのおかげだ。








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haru2010

Author:haru2010
2004年に普通自動二輪、2006年に大型自動二輪を取得した50代のおばちゃんライダーです。柴犬ゆめとダーリンとの平凡な日々を記録しています。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。